2020年 年末のご挨拶

年末のご挨拶

今年も残すところあと10日足らずとなってしまいました。

2020年という年は、良くも悪くも特殊な1年だったように思います。
10年後、20年後、そしていつかは分かりませんが自分が死の床にあるときにも、今年のことは忘れることはないでしょう。

そのくらいインパクトのある1年だったと思います。

物質的にも心理的にも、これまでとはまったく違った時代が始まっています。
これをどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、少なくとも今までの延長線上ではない時代が突如として目の前に現れたのだけは事実と言えるでしょう。

まあ難しいことは抜きにしても、2020年はあと10日足らずで終わっていきます。

10日後に来る2021年は果たしてどんな時代になるのでしょう?
今年がそうであったように、誰にも予測は出来ません。

私はといえば、今年がそうであったように来年も「良い意味で」流れに漂いながらユルく生きて行こうと思っています。

よく、スピ系の人たちは「あなたの可能性は無限だよ」とか言いますが、そんなこと誰にも分かりませんよ。
分かるわけないじゃないですか、笑わせるなという感じです(笑)
まあ、意識がいくつもの肉体を連綿と渡り歩いてきているという点から見ればこうした「可能性は無限」という考えも分からないではないですが、でも今の「あなた」というアイデンティティーは間違いなく有限です。

限りある「あなた」というアイデンティティーで出来ることを思いきり謳歌するのが人生の醍醐味なんじゃないでしょうか?

物欲にまみれて貪欲に生きるのも良いと思いますし、家族との時間を最大限に楽しむのもいい、そしてビジネスで天辺を取りに行くのも良いと思いますよ、いまの「あなた」にしか出来ないことですからね。

この人生で出来なかったことは来世でやれば良い、とか寝ぼけたことを言う人もいますが、それはいまの「あなた」がする体験とは別物だと言うことに気付くべきです。

「いま」を大事にしましょうよ、それが今生で生まれて来た本当の意味なんですから。

スピリチュアルを突き詰めれば突き詰めるほど、物欲にまみれることの重要性を感じてしまう私(笑)

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

関連記事

  1. 新しい何かの予感
PAGE TOP